摂津市立鳥飼西小学校

創立 昭和49年(1974年)

児童数 529名(平成2951日現在)

教職員数 46名(府費38名、市費8名)

【めざす学校像】

  あたたかい言葉が響きわたり、あたたかい心であふれる学校 

〜メインテーマ『あたたかいことばとこころをひびかせよう』

 

【育みたい子ども像】

進んで学ぶ子

◇違いを認め合い、自分も友だちも大切にできる子

◇みんなのことを考えて行動できる子

 

【教育目標】

○深く考え、自ら判断し、伝え合う力を育む

○お互いを尊重し、信頼や協力できる力を育む

○基本的な生活習慣や社会生活上のきまりを身に付け、善悪を判断できる力を育む

 

【重点目標】

@確かな学力の育成

▽授業規律の徹底(規律スタンダード、授業者の教科担当意識、授業スキルの向上)

 ▽児童の「試験力(定着力)」の向上(教科テスト、国語・算数の基礎・基本、学習習慣)

 ▽教科、領域の研究推進(算数、国語、外国語、道徳の授業研究)

 

A安全安心で魅力的な学校づくり

▽集団規律の徹底と社会規範の確立(基本的な生活習慣の確立、マナーの浸透)

▽学年・学級集団づくりの充実(違いを認めあえる集団)

▽支援を要する児童のサポート体制の充実

(ケース会議の充実、いじめ・不登校早期発見、再発・未然防止)

▽命を守る教育の推進(防災意識の向上、安全教育・防災教育の研究)

 

B学校間連携・地域連携の推進

 ▽二中校区小中一貫教育の充実(学校間の教科・キャリア教育の連携と推進)

 ▽開かれた学校づくりの推進(地域との情報共有活動の推進、学校HPの充実)

 

【具体的な取り組み】

 

1取り組みの柱@

▽学力向上、授業力向上

・算数科と国語科の授業研究、基礎・基本の力の定着

・授業スキルを高めるための取り組み

・複数単元や広い範囲の学習内容の定着を確認するテストの実施

・(家庭)学習習慣を確立するための取り組み

▽「評価」の研究

・日常的な授業における指導と評価のあり方の研究

・通知表と指導要録の評価規準・判定基準の検討

▽外国語活動、道徳の研究

DREAMの充実

・研究授業の実施

 

1取り組みの柱A

▽集団づくり

・「違いを認め合える教育」の推進

・集団づくりのための実践交流

・人権意識、自尊感情の定着と向上のための取り組み

・異学年交流なども含めたキャリア教育の推進

▽サポート推進

・西っこ委員会、特別支援委員会等の充実

・支援教育の推進

▽命を守る教育(防災、防犯、安全教育)

 

1取り組みの柱B

▽生活指導の充実

・集団規律の徹底(基本的な生活習慣の確立、ルールへの意識向上)

・社会規範の確立(マナーの浸透とモラルの定着)

・児童会活動の充実

・啓発活動(朝会、児童集会、校内放送の充実)

▽学校間連携の推進

・小中連携(教科研究、生徒指導連携)、小小連携(合同行事)の推進

・就学前機関との連携

▽開かれた学校づくりの推進

・地域の教育力との協働、ホームページの充実

▽学校内の環境整備

・教室掲示物の研究